インターネットで全ての薬が購入できるのか?

医療用医薬品については従来通り薬局でないと購入できない

医療用医薬品というのは医師が処方箋を出して、それに基づいて薬剤師が調剤をする薬のことを言います。処方薬とも言われており、強い効き目が期待できるわけですが、副作用が起こる可能性があるために、きちんとした服薬指導ができる医師や薬剤師の元で購入しないといけません。そのため、きちんとして調剤設備を備えて薬剤師が常駐する薬局でないと購入するすることができないため、インターネットで購入できないわけです。

一般用医薬品であればインターネットで購入できる

一般用医薬品はさまざまな人が利用できるように安全性に配慮して作られているために、大衆薬とも呼ばれる薬です。副作用などのリスクの度合いに応じて第1種から第3種の3種類に分けられています。従来であれば副作用のリスクが低い第3種のみがインターネットに対応していました。

しかし、消費者の安全を確保した上で薬ネット医薬品の販売を解禁することになり、そのために新たなルールが適用されることになります。医薬品の区分を見直して一部の医薬品を要指導医薬品と定義づけたうえで、その他の医薬品についてはすべてインターネットでの販売に対応しています。

要指導医薬品については薬局で購入する

一部の要指導医薬品というのは劇薬とスイッチ直後品目の2種類が当てはまります。劇薬は薬剤師が対面で情報提供や指導を行わなければいけませんので、インターネットでの販売はできません。スイッチ直後品目は医療用医薬品から一般用医薬品に移行してきてまだ使用実績がないために、要指導医薬品として薬局で購入しないといけないものです。原則3年間の安全性調査を行って問題が無ければ、一般用医薬品としてインターネット販売にも対応します。

薬ネット医薬品が何でも買えるというわけではない

薬事法の改正によって一般用医薬品の多くはインターネットで購入することができるようになっています。しかし、すべての医薬品がインターネットで買えるというわけではないのでそこのところは良く見極めながら利用するようにしてください。