ネット販売はきちんと説明をすることが求められる

ネット販売の購入の流れ

第一種医薬品をインターネットで購入する場合は、申込をした時にまず医薬品を使用する人の状態を確認しなければいけません。注文をする時にサイト上のフォームやメールなどで性別や年齢、症状などの必要な情報を送信します。

購入者の状態に応じて薬剤師は個別の状況提供を行う必要があり、どういう飲み方をすればいいのかなどの情報を提供していきます。購入者は提供された情報を確認して、必要であれば再質問をしてみてください。再質問が無いというのであれば、無いという旨を連絡します。こういうやり取りを経て最終的に商品を発送していきます。

ネット販売での扱いが多いのは第二種や第三種になりますので、購入する機会は多いのではないでしょうか。第二種医薬品や第三種医薬品に関しては薬剤師または登録販売者が上記のようなやり取りをしながら販売していきます。

ネット販売において説明が分かりづらいという声もある

薬ネット医薬品を購入する時にはメールにて説明が行われるわけですが、対面にて購入する場合に比べてネットでの購入の方が説明が理解できないというデータが出ています。これはどういう背景があるのかというと、メールで説明をしていることに気づいていないとか、最後まで読んでいないということがあるからです。利用者としても面倒くさいから読まないということもあるでしょうが、薬剤師としても説明をする努力が足りないということがあります。

いくら薬剤師が説明したとしても、説明しきれないところがありますし、説明したつもりになっているところがあるわけです。そこには薬剤師と購入者のコミュニケーションの取り方にも気を遣わないといけないことが分かります。

ネット販売だからこそ説明をキチンをすることが求められる

薬ネット医薬品を購入する際には対面では無いために、文書でやり取りを行う必要が出てきます。その時に説明が分かりづらいということがあります。利用者も分からないことを尋ねる必要がありますし、薬剤師ももっとわかりやすい説明をしなければいけないでしょう。